知っておきたい光造形のすごい技術

光造形というのは、紫外線で硬くなる樹脂に紫外線のレーザーを当てて固めることで形を作る樹脂加工技術のことです。形を作る道具として3Dプリンターが注目されていますが、それよりも高速かつ低コストで製作ができるため、デザイン内容を検証するためや形状を確認するという用途、また型作成用のマスターとして多く用いられています。層を積み重ねる加工方法のため、製品に等高線のような模様ができたり、製造の過程で製品を支えるためにサポートという余剰形状ができるという特徴がありますが、これらは後の加工で除去することができるので仕上がりに影響はありません。樹脂を透明なものにしたり、製品に塗装をするなど、ニーズに合わせた対応ができるという点が多くの人に支持されている理由です。

利用することにより発生するメリット

光造形は複雑な形状であればあるほど威力を発揮します。切削加工では、分割して成型したものを接着しなければなりませんでしたが、どのような形状でも一体加工ができるため、仕上がりが驚くほど速くなります。また、工数が少なくなり無駄が省かれる分だけコストカットも期待できます。同様の用途で使用される3Dプリンターと比べて、細かい部分の作成ができ、かつ大きいものも作成できます。スピードも3Dプリンターより速くなります。樹脂そのものに着色をすることはできませんが、仕上がり後の塗装は可能なため、量産品と同じように仕上げることができます。そのため、展示会やプレゼンなど数多くの人に見られるような場所で使われるものも作成可能です。また、複数の作品を同時に製作できるため、納期を大幅に短縮できます。

光造形で作られたものが使われる場所

用途は多岐にわたります。形状確認のための製品、機械部品、営業用のサンプル、加工用のマスターなどで、分野としては航空、宇宙、自動車、建築、家電、玩具などです。さらには医療分野で、CTスキャナーやMRIなどのデータを元に、骨や患部のモデルを作る際にも利用されています。これまでデザインは紙でしか確認できず、立体物においては大きなマイナスでした。しかし、立体的に作成することでよりリアルにイメージができ、失敗が少なくなります。また、機械製品においてはあらかじめ組み立てや機能の確認ができるため、手戻りを防ぐことができます。生産コストや納期を短縮することにより得られる利益は大きく、また製品の品質も向上させることができます。特に医療分野では、今まで困難だった手術前のリハーサルがより容易になり、技術向上に寄与しています。