光造形って何?簡単に分かりやすく解説するサイト

光造形について誰にでも分かりやすく説明します

光造形システムはこんなところで活躍しています

現在の開発はパソコン無しには行えません。形状を決める時に使われるのが3DCADです。三次元で作画することができるシステムを利用することで完成品に近い設計が可能です。出来上がった電子データをそのまま造形物にできるのが3Dプリンタです。3Dプリンタにはいろいろな方法があります。ブロック状のものを少しずつ削っていく方法や粉状のものを熱で溶かして固めていく方法などがあります。そのうちの一つに光造形があります。光で硬化する特殊な樹脂を浸した槽を用意して、高さ方向に一定間隔でずらしながら紫外線等の光を当てます。層ごとに硬化していくので設計通りに造形することができる方法です。削るのが困難な構造もこの方法なら作ることができます。今までにない技術でいろいろな分野に活用されています。

光造形による設計開発コストの削減

新しい製品を開発する時に行われるのが試作です。試作品を作る時には、図面を見ながら試行錯誤するしか方法がありませんでした。電子データから人を介して作り上げるので、誤差や本来のものとは違うものができるおそれがありました。この技術を用いた3Dプリンタを使えばCADのデータをそのまま形にすることができます。出来上がった試作品で大きさやボタンの位置、量産化の時に問題になりそうなところ、強度が不足しているところなどが確認することができます。出来上がった試作品を使って型を作成して、量産のための金型製作をすることも可能です。従来であれば、試行錯誤して作成した試作品を容易に行うことができます。コストの削減になるのはもちろんですが、設計開発の時間が短縮できることが大きな利点です。

医療分野における造形技術の活用

造形技術と聞くと、設計開発の分野での活用がほとんどだと思います。医学の分野でも有効な手段として考えられています。現在ではCTやMRIなどの検査によって体の内部の構造をデータとして取得することができます。そのデータを利用して3次元のモデルを製作することができます。この技術を利用することで手術前にどのようにすれば患者に負担をかけないことができるかなどの検討を行うことができます。脳の深部にある腫瘍の摘出などは綿密な計画をすることが、手術の成功への重要な要素になります。効果的な医療機器の適用が可能かどうかの判断やどのように挿入すれば安全かなどの確認をすることができます。失敗が許されない状況であるため、確実な方法を検討するために光造形による技術が役立っています。