光造形って何?簡単に分かりやすく解説するサイト

光造形について誰にでも分かりやすく説明します

光造形方式は今話題の最新技術です

3Dプリンターは、ほんの数年前までは何百万円もしていましたが、今は庶民でも手に入るような価格まで下がっていき、低価格帯の家庭用3Dプリンターも次第に一般的になってきています。ただ、それは熱溶解方式と言われるタイプのものが主流です。そして現在、光造形方式のものも特許が切れ低価格なものも発売され始めたことから話題となってきています。3Dプリンターとしては、光造形・SLA方式の方が最新の技術となっています。熱溶解・FDM方式との違いや原理・メリットデメリットを見ていきましょう。産業の世界でも光造形方式を用いられることが多く、業務用機械でより細かな試作品が手間も時間もかけることなく、簡単に作れるようになり更に産業技術が進歩していっています。

それぞれの造形方法の違いについて

FDM方式は熱によって溶かした樹脂などの素材を押し出しながら積層する方式で、熱溶解積層法と呼ばれます。繊維状になった材料を一筆書きのようにしながら面を作成するため1つのものを仕上げるのに時間がかかります。また、1層の厚さが0.1mm程度と粗く、断層がはっきりと階段状になって目立ちやすいのできれいにもとの形を模倣することは難しいです。一方、SLAは光で硬化する樹脂に一層ずつ光を当てながら形を作っていきます。面で作成するのでFDMに比べて早く仕上がります。それに高精細で滑らかに仕上がります。それぞれに3Dを仕上げるための方法が違うため、メリットデメリットがあります。最新技術だからと言ってSLAの方がメリットばかりとは限りません。FDMの方がよい場合もあります。

それぞれの方式でおすすめの場面とは

SLA方式の場合、光によって製造する以上、太陽光によって変形したりひび割れしたりする場合もあります。作成したものは光のあたらないところに保管しておく必要があります。材料の樹脂や、洗浄に使ったアルコールが匂いを発生させるため、換気のよい場所におくようにもしなければなりません。また、材料自体がFDMに使うものと比べて高くなるため家庭用として購入するのであれば、フィギュアやアクセサリーなど小さめで材料はあまり必要なく細工が細かなもの・作成後は大切に保管しておくようなものを作る際に利用するといいでしょう。使う材料によってはFDM方式の方がある程度強度のあるものが作れます。フィギュアなどを入れておくためのケースはFDM方式で作った方がおすすめなのです。

100社160台以上の3Dプリンター導入実績。 金属3DプリントはSOLIZE Products。日本老舗の3DSYSTEMS社正規販売代理店です。 40台の3Dプリンターを保有し、試作支援・受託製造も行っております。 3Dデータ作成~3D測定まで、試作支援いたします。 2015年全世界のトップに選出されました。 ものづくりはさらなる発展をむかえようとしています。 光造形の技術に自信があります!