年賀状のデザインに注目してサービスの比較をする

年賀状の作成を考えていく時に、仕事で忙しい方の場合は、こだわって年賀状を作っていく時間がない方もいます。安心して年賀状作りを進めていくことができるように、デザインが事前に用意されているなど、サポートしてくれるサービスを見つける事をおすすめします。

いろんなデザインの中から選ぶ事ができるなど、短時間でも楽しみながら年賀状作成を進めていく事ができるように、充実したサービスを見つけることは重要です。忙しい中でも、いろんなデザインの中から選ぶ事ができれば、相手が好むものを考えて、決めていけます。

当サイトでは、年賀状作りに悩んでいる方に対して、参考になる情報を発信していきます。忙しくて、毎年年賀状作りが大変に感じる方も、年賀状作りをサポートしてくれるサービスを紹介していきますので、サービスの比較もスムーズに進めていけます。

平安堂の喪中はがき

POINT

パソコンが苦手な人でも簡単に注文できる
高品質な宛名印刷をリーズナブルな料金でやってくれる
インターネット注文でお得な割引サービスが受けられる

年賀状等を購入する事できる平安堂では、パソコンが苦手な人でも簡単に欲しい商品を購入できる様にかんたんプレビュー機能を設けています。平安堂の喪中はがき等の商品のデザインを自由に選ぶ事ができるサービスなので、とても便利です。

宛名印刷は注文者自身がプレビューを確認するケースが多いですが、専属スタッフが丁寧に宛名印刷の仕上がりをチェックしてくれるので非常に頼りになります。料金も基本料金1,000円に印刷代金30円が足されていくシステムなので、リーズナブルです。

インターネット注文を利用する事でネット特別割引のサービスを受けられて印刷代が40%割り引かれるお得なサービスがあります。注文枚数が100枚までなら送料も200円ですし、100枚以上でも500円の送料で済みます。

笑み年賀

POINT

スタンプの種類がとても豊富
リーズナブルな料金設定
簡単スピーディーに年賀状が完成する

自分でオリジナルの年賀状を作成したいなら、インターネットサイトの笑み年賀を利用しましょう。とても豊富なデザインが揃っていますので、この中で気に入ったものを使って、素敵なオリジナルの年賀状が完成します。

インターネット経由なので使い勝手は簡単で、そしてスピーディーです。少数の年賀状印刷から大量の年賀状印刷まで自由自在です。しかも、とてもリーズナブルな料金で作ってもらうことができるので、かなりお得です。

とても豊富なデザイン、そしてスタンプを使えば、注目度の高い年賀状が出来上がります。これで他人に差をつけることができます。もちろん、裏面だけではなく表面の印刷も行ってくれます。

GLAM PRINT

POINT

高級感の溢れる独自の合成紙を使用
デザインを作りやすいテンプレートを用意
グラデーションや中間色を再現しやすい6色印刷

年賀状を印刷する際、普通のはがきではなく専用の用紙と張り合わせたものを使用するのがGLAM PRINTの特徴です。見た目はもちろんのこと、独特の手触りやしっかりとした厚みをしているため、高級感のある仕上がりになります。

年賀状印刷の依頼では自由に写真や文字を配置できるものも多いですが、GLAM PRINTは作りやすいようにテンプレートを使用します。デザインのプロによって、ミリ単位で配置を考えて作られたテンプレートです。

印刷に使われるインクはCMYKという基本の4色ですが、GLAM PRINTはそこに淡い2色を加えた6色を使用します。そうすることで中間の色を表現しやすく、写真もより元のデータに近付けることが可能です。

株式会社アゲイン

POINT

安く簡単にステキな年賀状が作れる
デザインが豊富なので自分の作りたい年賀状が作れる
宛名書きや代理投函などオプションが多数

毎年作る年賀状は、デザインがいつも同じになってしまう悩みを持つ人は少なくないのではないでしょうか。株式会社アゲインは、インターネット上で年賀状作成を専門にした会社です。安く簡単に作れることが評判です。

デザインが豊富なことが人気の理由で、家族写真を使うなら写真テンプレートから選べます。いつもデザインが同じになってしまう悩みを持つ人には、たくさんのデザインから選べることは嬉しいです。自分に合ったデザインを見つけることが出来ます。

ビジネス用や喪中、寒中にも対応したデザインもあります。宛名書き、代理投函のオプションもあるので様々なパターンに対応しています。会員登録をすると割引きサービスもあるのでお得です。

Rakpo

POINT

デザインの選択とデータ入稿の2通りが選択できる
注文内容次第では翌日の発送も可能
早期注文で料金を下げられる可能性がある

年賀状のデザインを、すでに用意されているものから選択するのと、自分で作成する方法の2通りが用意されているのがRakpoです。注文内容次第では、自分ではがきを購入してプリンターで印刷するよりも安く済ませられるかもしれません。

インターネットで24時間の受付対応をしていて、宛名を印刷しない表面だけの印刷であれば翌日の発送も可能です。宛名印刷を加えるのであればそこに1日が追加され、クオリティーの高い銀塩プリントだと2日追加になります。

また依頼を早めに完了させると、印刷料金が割安になる可能性が高いです。ただデータを自分で作成する場合は、入稿完了までが期限に間に合っていないといけないので、余裕を持って作っておきましょう。

ウェブポ

POINT

年始でも営業し1枚単位から依頼可能
2,000点を超えるデザインラインナップ
豪華な銀塩写真仕上げも選択可能

年賀状は人によって枚数が大きく異なりますが、ウェブポでは1枚単位から受付し、年始から営業しているので後出しにも対応可能です。印刷には大手会社の技術を使用するため、写真でもイラストでも質の高い仕上がりが期待できます。

パソコンあるいはスマートフォンのアプリを使用すると簡単に作成でき、ベースとなるデザインは2,000点以上用意されています。和洋を問わずおしゃれやかわいさなど異なる特徴を持ち、写真とも組み合わせられる多種多様なラインナップです。

スタンダードな年賀状だとフチがあるタイプですが、1枚当たり数十円を追加すると、裁断によってフチをなくし厚みのある銀塩写真仕上げも選択できます。またいずれの場合も一定の枚数を超えて依頼すると、1枚分が割安になります。

素敵な年賀状デザインを手に入れましょう

これからもし、たくさんの年賀状を書かなければならないような状況なら、素敵なデザインで作成するように心がけておきましょう。見る人が心打たれるような素敵なデザインで作成できれば、作る側としても気合が入るはずです。多くの人たちに年賀状を作らなければならないような状況なら、それなりに手間がかかります。だからこそ、手書きではなく、デザインのデータファイルとして保管しておき、いざと言う時に使うようにすれば、とても楽ができるでしょう。実際にデータファイルを手に入れるには、取り扱っているインターネット上のサイトからダウンロードする必要があります。サイトによっては無料で手に入れることができるので、あまりお金を使いたくないのであれば、無料サイトを利用するのも1つの有効的な手段です。

ただ、無料サイトの年賀状デザインには、どうしても制限があります。もう少しこだわりを持った、美しいデザインのものを手に入れたいと感じているなら、有料のサイトから購入した方が無難です。画像1つに対してどれくらいの値段がついているのか、それをしっかりとチェックした上で、予算内で購入するようにしておきましょう。ただ、年賀状の場合はたくさんの画像をダウンロードすると言うよりも、特定のサイトに会員登録して、定額お支払いつつ、ダウンロードするといった形になることが多いです。サイトによって仕組みが異なるので、利用規約を先にチェックし、その上で利用させてもらうことが重要となります。また、周知の通り郵便局でもプリントアウトのサービスを行っているので、インターネット上で画像を探すのが面倒なら、郵便局に行ったほうが早いでしょう。

干支に合わせて年賀状のデザインを考えなければならないので、そう考えると毎年非常に手間がかかってしまいます。しかし、今の時代のITソリューションの特徴を駆使すれば、割とあっという間に、その年のデザインを作成することができるはずです。中には、簡単にデザインを作成できるアプリケーションソフトなども販売されているので、オリジナルデザインを作りたいと感じているなら、そういったものを使いこなしてみると良いでしょう。パソコン1つあれば、魅力的な年賀状のデザインを簡単に作成することができます。なお、特定の業者ならゼロからオリジナルデザインを作ってもらうことができます。その際には当然、依頼料もかかるので、予算内で作ってくれる業者を探すようにしましょう。依頼した後にかかる期間なども計算に入れて、年賀状を出すまでに間に合うかどうかを調べておくことが大事です。